クローズ外構とは?メリット・デメリットを解説 | 入間市・所沢市・川越市の外構工事・エクステリアは吉川工業

04-2968-6774

【受付時間】9:00~17:00(定休日:日曜日)

 見積依頼・お問い合わせ
04-2968-677404-2968-6774

columnお役立ちコラム

クローズ外構とは?メリット・デメリットを解説

住宅の周りをフェンスで囲ったり、門扉を設置したりすることで敷地と道路や隣接地との境界をはっきりと示す外構プランを「クローズ外構」と言います。周囲からの視線が気になりにくく、重厚な印象を与える外構プランと言えます。
今回は、このクローズ外構のメリットとデメリットを解説します。

外構プランは3種類

外構プランには大きく分けると3つのプランニング方法があります。
1つめは、道路や隣接地との境界線をあえて明確にせず、花壇や植栽などで軽く境界を示すプラン「オープン外構」。解放感あふれ、風通しがよく、郊外の住宅を中心に人気があるプランです。
2つめは、道路や隣地からの視線を遮るように、壁やフェンス・生垣などで周囲を囲うプラン「クローズ外構」。
3つめは「、セミクローズ」や「セミオープン」と言われる外構プラン。オープン外構とクローズ外構のちょうど中間にあたるプランです。

プライバシーが守られ安全性も高いクローズ外構

ブロックや生垣などで周りからの視線を遮るクローズ外構のメリットは、何と言ってもプライバシーが守られる点でしょう。
窓を開けて通風を行っていても、通行人から室内を除かれる心配はありません。庭でバーベキューやガーデンパーティーも視線を気にせずに行えます。ペットを飼育していたり、小さな子どもがいたりする場合は、道路などに飛び出していく心配が減ります。また敷地内に停めている車にいたずらをされる心配もありません。庭に洗濯物を干している場合でも、周囲から見られる心配がなく、安心して干せますね。
外構部材は様々なデザインのものがあるため、好みに応じて選べ、おしゃれなエクステリアに囲まれて過ごすことも可能です。

侵入者が入り込むと周囲から見えないデメリットも

ぐるりとブロックや生垣で囲うクローズ外構。
気軽に他人が敷地内に侵入することは避けられますが、故意に侵入をしようとする人を遮るほどの高さはありません。
侵入を許してしまうと周囲からの視線が遮られるため、盗難被害などに遭いやすいといったデメリットがあります。
一見防犯性に優れていると感じるクローズ外構ですが、鍵を開けっぱなしにしてしまうと、侵入を果たした空き巣がたやすく室内にまで侵入してしまうこともあります。
死角が多いことを理解し、防犯カメラやセンサーなども設置するようにすると安心です。

構造物が多い分費用が高くなりがち

オープン外構に比べるとクローズ外構は構造物を多用するため、外構工事の費用が高くなりがちです。またエクステリアのデザイン性にこだわれば、さらにその工事費用は高くなっていきます。
クローズ外構を考えるときは、どの程度の予算で納めたいのかを決め、その中で賄える部材やプランを考える必要があるでしょう。

地域の人との交流の機会が失われることがある

視線を遮る目的でブロック塀や生垣で敷地を囲むことは、心にも塀や生垣が作られるケースがあります。地域の人や隣人との交流を避けていると思われ、交流の機会が失われてしまうケースもあります。このため、完全に視線を遮るような塀や生垣の設置ではなく、ある程度視線も感じられるようにする工夫も必要です。目隠し程度のフェンスにしたり、生垣ではなく植栽で視線を遮ったりするのがおすすめです。

構造物の設置はメンテナンスも必要になってくる

構造物で敷地を囲ったり生垣を設置したりすると、設備の経年劣化や老朽化によるメンテナンスが必要となってきます。また生垣は伸びた枝葉を選定するなど、こまめな手入れが必要となります。
設置自体にも費用が必要ですが、維持管理にも費用が掛かることを忘れてはいけません。
生垣の場合は自分で手入れができればよいですが、毎年業者に依頼して手入れをしてもらうと多額の費用が掛かります。
壁やフェンスが老朽化した場合には、撤去工事や交換工事も必要です。これらは新設するときに比べると、費用負担が高くなるケースがあります。

まとめ

クローズ外構はメリットがある反面デメリットもあります。工事を行う前に、よく考えて決定していく必要があります。
一度設置すると改修や撤去にも費用が掛かる外構プランとなるため、初めに施工するときには慎重に検討するようにしましょう。

見積依頼・
お問い合わせ

お仕事のご依頼、採用についてのご質問など、お気軽にご連絡ください。

042-968-6774

【受付時間】9:00~17:00(定休日:日曜日)

見積依頼・お問い合わせ